おうちホームステイでTOEICスコアアップ期待できる?

こんにちは!さくらママです!

このページでは、英会話講座のおうちホームステイを実践していけば、TOEICのスコアアップに期待ができるか!?ということについて書いています。

結論から言ってしまうと、人によっては効果はあるけど、やっぱりTOEICはTOEIC専門で勉強しないとね~という結論です。

一応有利な部分もあるので、苦手分野がおうちホームステイで克服されるという方なら有効活用できるかも?

ということで早速、おうちホームステイとTOEICの関係について書いていきますねー!

 

おうちホームステイとTOEICの関連性

アルファベット

おうちホームステイは英会話とリスニング寄りな講座なので、TOEICに効果があるといえばあるかもしれません。

ですが、TOEICのテストは問題形式が基本的に決まっています。「この問題にはこういった対策をしよう」と、TOEICのテストの問題形式に合わせた対策を行う方が効果的と言えます。

おうちホームステイでリスニングのレベルはアップしますが、直接的な関連性はあまり高くないと言えます。

 

リーディングとの関連度が低い

一方、リーディングの部分に関して言うと、おうちホームステイとの関連度は低くなると言わざるを得ませんね。

おうちホームステイで勉強するのはアウトプット中心になるので、個人的な感想を言えば逆の勉強法になるんじゃないかと思います。

おうちホームステイの内容についてはこちらの記事を参考にしてください。

 

TOEIC対策特典あり

一応、おうちホームステイの特典講座のなかにTOEIC特典というTOEICで点数をアップするための講座が用意されています。この中では6時間で100点アップした人のお話などもあります。

TOEICの点数を上げたい人からすれば、目からうろこですね~!

TOEIC対策にも活用したい方は、こちらの動画を中心に勉強するといいですね。

 

おうちホームステイの山内先生はTOEIC満点記録保持者

山内先生に関する記事にも書いたように、おうちホームステイ発案者である山内勇樹先生はTOEICテストで満点の記録を持っています。

なので、おうちホームステイという講座自体はTOEIC対策とは少し距離がありますが、教えている先生はTOEICのスペシャリストです。

 

TOEICのスコアアップに特化するならおうちホームステイだけでは不十分

ペンとMac

TOEICではPart1~Part7という風に、問題の形式が決まっています。

TOEIC L&Rはリスニング(約45分間・100問)、リーディング(75分間・100問)で、合計2時間の間に200問に応えるマークシート方式のテストです。

  • 写真描写問題 6問
  • 応答問題 25問
  • 会話問題 39問
  • 説明文問題 30問
  • 短文穴埋め問題 30問
  • 長文穴埋め問題 16問
  • 1つの文書 29問
  • 複数の文書 25問

リスニングとリーディングのセクションに分かれています。

そして、TOEICの問題にはひっかけの答えも用意されているため、まずはこういった前提から知ることが大切です。

写真を見てそれに対する答えを選んだり、問題も選択する答えもリスニングして答えなければいけないというものもあります。

TOEIC対策であればやっぱり、専用の対策を選んだ方がスコアアップは期待しやすくなります。

TOEICにはTOEICの解き方やパターンが存在します。おうちホームステイだけではその部分をすべてまかなうことは難しいです。とはいえ、リスニングについてはおうちホームステイのおかげで聞き取りやすくなったという人が多いのも事実です。

 

おうちホームステイでTOEICスコアアップまとめ

読書する女性

おうちホームステイは、TOEICのリスニングセクションに役立つ可能性はあります。

しかし、総合的な面で見ると、リーディング問題やTOEICの決まったテスト形式に対応しているわけではありません。

なので、TOEICであれば専門書や専門の講座・レッスンなどを受講してスコアアップを狙う方がいいでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おうちホームステイやってます!着々と効果を実感中!

おうちホームステイの評判はどう?やってみた感想を口コミします

怪しい

おうちホームステイは怪しい?ちょっと売り方が胡散臭いかもw

本

おうちホームステイの内容は?教材のシステムや進め方を公開!

おうちホームステイの金額は結構高い!この料金だと迷うよね

山内勇樹

おうちホームステイの山内勇樹ってどんな人?実績はあるの?